Header image

EAST MALAYSIA

HoneyDeux

 
    HOME
 

HoneyDeux 美里の音楽雑話

 

Op.1 Andanteオペラ魔法使い byサラワク州立合唱団

 

私が「サラワクシンフォニーオーケストラ」直属のサラワク州立合唱団に入団して、早1年・・・。毎週火曜日と金曜日の2回、PM7:309:302時間、「ルマサラワク」という場所で、主には、年二回の公演(上半期:オペラ,ミュージカル,下半期:合唱中心のコンサート)に向けて練習しています。入団の折には、パートを決める簡単なオーディションがありますが、入団後は、休まずに練習に参加すると毎月銀行振り込みで約RM120を各自もらうことができます。大体マレーシアでアルバイトをしても1時間RM35と聞いているので、それを考えるとかなり高級なバイトとも言えます!?()

40名の混声合唱団ですが、1stソプラノ4名、2ndソプラノ10名、1stアルト5名、2ndアルト7名、1stテナー3名、2ndテナー4名、1stバス3名、2ndバス5名、と女性の方が多く、現在の指揮者もマダムです。練習している曲は英語の歌を中心に、マレー語、中国語の歌を歌っています。日本語の『さくらさくら』も歌ったことがありますが、編曲が日本人でなかった為に、歌詞がちょっと変わっていました。

20067月、私の忘れられないマレーシアでの初ヒロイン「オペラ 魔法使い(The sorcerer)」が上演されました。イギリスの代表的な作曲家サリバンと脚本ギルバートの名コンビによる作品です。

サラワクでは、やはりホワイト・ラジャ(※参照:ドリ鍋四方山話)の影響か、イギリスの作品がよく演奏されているように思います。きっと英語の理解力も高いからカナ!?最近ではTVの影響か、イタリアの有名なカンツォーネやオペラアリアも人気のようです。

このオペラに関しては、2005年の11月から練習を始めて、サラワク合唱団にとって第二回目の本格オペラ公演(2)でした。このオペラに関わる中でも、私にとっていろんな事を学んだ半年間でした。

行進の足踏みがそろわず、夜中12時まで練習・・・

延期・延期・延期・・・の日程変更・・・

演出が毎回変わり、本番2週間目にしてようやく絞られる・・・

全ての通し稽古は1回だけ・・・

衣装に関しての情報が散乱し結局本番2週間前に各自準備と聞かされる・・・

本番中に控え室で演奏者が喫煙しているのに激怒!!!!

・・・Etc.

と、いろんなハプニングがありましたが、ここからは凄い所。なんだかんだといって、本番は上手くいっちゃうんですよね!!!!オドロキデス。最初からこうだったら・・・・と思うところもあったのですが、それは、こちらの段取りの中にはまだ組み込まれていないようです。

なにはともあれ、サラワクの人達は歌うことも大好きです♪ 

歌いだしたら止まりませんよぉー(^^*

公演中の写真

カーテン・コールにてヒーローとヒロイン(私)   上演中(口説かれているシーン)

公演チケットの画像

公演のチケット

<< 戻る

HoneyDeux 美里’s演奏グループ『Green Angels』のホームページも是非ご覧下さい!!

こちらまで

 

   
         

©2007 Misato Sakai (Sarawak,Borneo) All right reserved

About Us || ©2007 Insar (Borneo)